Psst...Want to see content specific to your location?

3件のテストから270万ドルの年間経常収益増を達成

課題

靴の製造と小売を展開する英国ブランド、ClarksがContentsquareへの切り替えにおいて重視した点のひとつは、新しいウェブサイトのデザインとレイアウトの最適化でした。同社がContentsquareの顧客体験分析ツールを使って新サイトでのユーザーフローを分析したところ、商品詳細ページの中のカートに商品を追加するタイミングで、訪問者が多数離脱していることが判明しました。

解決策

その後、Clarksでは商品ページでの訪問者のインタラクションをより深く理解するため、Contentsquareのゾーンベースのヒートマップでページ上の要素ごとのクリック率を確認。同社チームは、商品をカートに追加する上で必須のステップである足幅選択ツールよりも、サイズや「カートへ追加」ボタンを操作している訪問者の方が多いことに気づきました。

「Contentsquare独自の顧客体験分析のデータは、ページ特有の行動を深堀りし、行動につなげられるインサイトを表面化する上で非常に有用です。サイト上で消費者に影響を与える個別の行動や阻害点を把握することで、いかにも価値がありそうに思えるテストではなく、最も実効性の高いテストを選択できるようになりました。」

成果

こうした行動を受けて、Clarksチームでは、顧客が不満を感じる点を排除し、訪問者がカートへ商品を追加しやすくなるようにしました。例えば、足幅が1種類しかない靴は、足幅を事前に選択するように。これにより、「カートへ追加」する訪問者が大幅に増加し、この1点の改善だけでおよそ110万ドルの年間経常収益増加が実現しました。

「リソース面で、Contentsquare導入の最大のメリットは時間だと言えるでしょう。こうしたレベルのインサイトを獲得して、有用なテストを多数実行するとなれば、通常、フルタイム勤務のスタッフが少なくとも追加で3人は必要となるところです。ですが、Contentsquareを代わりに活用することで、デジタルチーム全体でインサイトを活用することができています。」

より迅速に豊富なインサイトを手に入れる方法をお探しですか?

お問い合わせはこちら