影響の定量化

顧客からの苦情、サイトのパフォーマンス、ページ上の顧客体験が、コンバージョン率や収益などビジネスに与える影響を定量化することで対応すべき課題を優先順位付け。頻繁なタグ付けは不要です。

定量化とプロファイル

ブラウザの種別やシステム、その他の主要データポイントをはじめ、影響を受けた訪問者の傾向や特性別にあらゆる行動を分析。影響を受けた訪問者をひと目で確認し、セッションリプレイや分析に直接移動して、その理由を確かめ、影響を定量化できます。

行動をパターンで分けて考える

セッションリプレイやカスタマージャーニー分析、区分けされたヒートマップで問題を特定した後は、同じ行動を他のユーザーがどれだけ取ったかをページ全体、ページ内コンテンツのインタラクション(相互作用)、エラーメッセージを通じて定量化することで、ジャーニーとコンバージョン率への影響を可視化することができます。

トップダウンおよびボトムアップの定量化

クレーム1件のセッションリプレイを選択して、同じ問題に遭遇したユーザーが他に何人いるかを定量化することも、最大の問題や機会を俯瞰してから細部を深堀りして理解を深めることも可能です。

影響の定量化で、最大の課題が最大の成功要因へ

ビジネスへの影響を明確に測定

推測をなくし、行動がサイトのパフォーマンスに与える影響を的確に理解し、機会をすばやく定量化して成果につながる要素を確認できます。

アクションの優先順位を決定

問題が例外的なものか、収益、コンバージョンやサイト上での顧客体験に影響を与える恒常的なものかを把握することができます。

成果をすばやく実現

サイトへのタグ付け、データの収集、回答待ち…などはもう不要!どのページに関しても過去のデータを直接確認し、不明な点を確かめ、競合他社よりも早くインサイトを得られ得るようになります。

Contentsquareを使用することで、複数ソリューションからデータを集計することなく、自社のKPIの全体像を掴むことができます。また、注目すべき点をピンポイントで指摘してくれるので、最適化施策の実施にかかる時間が大幅に削減できます。

👋 こんにちは!

より迅速に豊富なインサイトを手に入れる方法をお探しですか?

お問い合わせはこちらから