データの活用で顧客が求めるコンテンツを正確に把握

課題

Avisチームでは、サイト内の会員エリアがわかりにくく、操作がしにくいという顧客からのフィードバックを受け、顧客向けサイト改善の最善の方法を探るため、社内ワークショップを開催しました。

「サイト内でのユーザーの行動を真に理解する上で、Contentsquareが非常に大きな役割を果たしてくれています。これまでには到底期待できなかった新たなインサイトを得られるうえ、
顧客体験を把握できるようになりました。わずか数分でツールからインサイトを確認できるため、分析にかかる時間を短縮でき、最適化に割ける時間が増えました。」

解決策

リアルタイムで更新されるContentsquareのゾーンベースのヒートマップを使用することで、Avisチームは、サイト内の検索バーのクリック数が他のページ要素に比べて5倍であることに気づきました。こうしたデータがなければ、別のページ要素を優先してしまい、顧客体験の改善にはつながらなかったでしょう。Contentsquareの活用で、幸いにもこうしたデータを手元で確認することができました。 

 

成果

Avisチームではこれまで、サイトの検索機能の改善を検討していませんでしたが、製品ロードマップにおける優先事項にこれを据えることとしました。その取り組みの結果、顧客にとって関連度の高い検索結果を表示し、不満を低減し、サイト全体の体験を改善することに成功しました。 

「Contentsquareを導入していなければ、ユーザーの求める内容を憶測することしかできなかったでしょう。結果として、間違った結論に至っていたと思います。」

より迅速に豊富なインサイトを手に入れる方法をお探しですか?

お問い合わせはこちら